道コン事務局からのメッセージ 生徒のみんなや保護者の皆様へ

がんばれ受験生!!


現在地
Home > 道コン事務局からのメッセージ > 道コン受験生 高校受験体験記~その1

道コン受験生 高校受験体験記~その1

2010年04月20日(火)

この春卒業した道コン受験生から寄せられたメッセージを紹介します!

「受験なんて まだまだ先のことだ」って思っていたのに、実際はあっという間にやってきてしまった・・・。
 今まで、なんとなく楽に勉強してきていて本気でがんばって勉強することはあまりなかった。「3年生になったらがんばって勉強しよう・・・」「部活動を引退したら・・・」「文化祭が終わったら・・・」などとズルズル引きずっていた。
 去年は私の兄が受験で、毎日猛勉強していて、それでもギリギリで合格したのを覚えている。だから受験は厳しいものだって知ってた。でも、なかなかやる気が出なくて、気合を入れて勉強をすることができなかった。
 11月に道コンを受けた。兄貴も「道コンはすごく指標になる。」と言っていたので受けてみた。すると、結果は第一志望の高校の合格可能性は50%だった・・・。
 それがショックで、それから猛勉強した。そして、1月に受けたところ、75%まで上がっていた。でも、油断せずに受験に向けて必死で勉強した。
 入試当日、朝から緊張しまくりで・・・。でも、少しでもリラックスするために好きな歌を頭の中で歌っていた。周りにいる子達はすぐ近くの席に友達がいたりして、休み時間になるとおしゃべりしているけど、私は地元からかなり離れた所を受けたため、知っている人は一人もいないし、他の子に話しかける余裕もない。一人ですごくさびしかった・・・。
 テスト中は最初、周りの子のページをめくる音や、カリカリと字を書く音がすごく気になってしまい、なかなか集中できなかった。でも、深呼吸をし、気持ちを落ち着かせ、その後は集中してのぞめた。数字が難しくて空欄がたくさんできてしまい、すごく焦ったけど、テスト終わってからチラッと周りの子の解答用紙を見たら同じように空欄があったから少し安心した。
 テストをすべて終えた時は開放感でいっぱいだった!
 でも、テレビなどでやるボーダーラインを見ると、自分の自己採点の結果は全然それに達していなくて・・・落ちた・・・と思った。合格発表の日まで毎日手を合わせて祈っていた。発表の日、入試の日以上に緊張した・・・。
 自分の番号を見つけた時、嬉しさと驚きで叫んでしまった!
 目指していた高校に入れて本当によかった!
 私の気合スイッチをいれてくれた道コンに感謝です!





このページのトップへ