知っておこう、受験のこと,合否判定の仕組み

がんばれ受験生!!


現在地
Home > 知っておこう、受験のこと > 合否判定の仕組み

普段の努力も大切だよ  一般入試では、5教科(国数社理英)・計300点満点の「学力検査」が行われます。
 では、この点数さえよければ合格できるのかというと、実はそうではないのです。
ここでは、一般入試の合否判定のしくみをより詳しく見てみましょう。

TOPへ戻る

「内申点(学習点)」について

 北海道の入試では、当日の得点以外に、中学校での成績評価である「内申点」が合否の判定に用いられます。
 内申点は、中1時代からの各学年の成績を元に計算する。また、算出した内申点を20点ごとに区切って「内申ランク」を決めますが、同じランクでも内申点が高いほど有利になります。

内申点の計算方法
中1学年末・9教科合計×2┐
中2学年末・9教科合計×2├すべて五段階評価
中3学年末・9教科合計×3┘
内申点ランク換算表
ランク A B C D E F G
内申点 315

296
295

276
275

256
255

236
235

216
215

196
195

176
ランク H I J K L M
内申点 175

156
155

136
135

116
115

96
95

76
75

63
かんたん内申点計算はこちら

TOPへ戻る

「学力点(当日点)」と内申点で合否が決まる!

 入試では、学力点と内申点の両方を総合的に判断して合否が決定されます。その際の評価の仕方は次の通りです。
(1)定員の70%…学力点と内申点を同等に評価
(2)定員の15%…学力点をより重視
(3)定員の15%…内申点をより重視
内申点・学習点評価相関図
なお、(2)・(3)の場合の重視比率や、(2)・(3)の選抜のどちらを先に行うかは、高校ごとに異なっており、毎年6月ごろ、翌年の重視比率が発表されます。

TOPへ戻る

学力試験以外に実施されるのは?

一般入試では、各校の判断による、学力検査(いわゆる当日の入試)以外に以下の試験を実施することができます。

面接
過年度生にのみ実施する高校もあります。実施の仕方は、個人面接と集団面接の2通りがあります。
実技試験
体育科で運動能力試験、音楽科で楽器演奏など。
作文
内容が学校によって異なります。
これらは原則として学力検査日の翌日に行われますが、面接は状況によっては学力検査当日に実施される場合もあります。

TOPへ戻る





このページのトップへ